こどものうちに伸ばす算数脳

いろいろな方から「どうすれば算数や数学の能力を伸ばせますか?」という質問を受けますが、そのたびに、「過程は無限にありますが、前提はただ一つ『好きになること』です。」と答えています。

数理的思考力やセンスを育成する絶対条件は、子供たちが算数・数学を「好き」になること。アルゴクラブでは、独自で開発した数理のゲームやパズルを用いて指導しますが、勝敗を競うだけのものではありません。将来につながるエレガントな算数脳(ひらめきを大切に、筋道を立てて考え抜く能力、分かりやすく説明する能力)を育てます。この数遊びの効用を活かして子供たちの可能性を最大限に引き出すことで「算数が好きになり、思考力が高まる」のではないかと考えています。

遊びながら伸ばすことで楽しく算数脳を育てていきます


目指すのは考える力と思考力

「算数オリンピック数理教室アルゴクラブ」とは、算数オリンピック委員会が発起したアルゴ数理教育システムの実践を通じて、低学年の子供たちに考え抜くことの喜びを体感させて本物の思考力を養うことを目的としたプログラムです。算数オリンピック委員会、数学者ピーター・フランクル氏、東京大学算数研究会が共同で開発したカードゲーム、「アルゴ」は簡単なルールの中で、集中力、記憶力、分析力が身につき、遊びながら論理的思考力を養うことができます。また、立体パズルを使用して空間認識力の向上も目指します。チームで作業することにより、他者との協力、マナーなどを身につけることも目標としています。

是非、体験授業を受けてみてください。子供たちが自然に活き活きと、算数の魅力にはまっていくはずです。

授業風景


お問い合わせはお気軽にマスキッズへ